• 2009.04.27 Monday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |

久々すぎる更新…汗

というのもこのところ仕事に終われなかなか家でゆっくりすごす時間もなく、更新したいしたいと思いながらもついつい後回しにしてほっぽらかしてました。

このブログほっぽらかしの1ヶ月半の間にも娘は成長を続け、昨年末から離乳食も始めました。
はじめはおかゆを口に運んであげても、ごみでも口に入ったようにべろ〜っと舌で押し出してしまっていたのですが、最近もぐもぐできるようになってきました。

表情も声もどんどん広がり、一緒にいる時間がどんどん楽しくなっていきます!!
(といっても平日は朝の1時間くらいしか起きてる姿を見られていないのですが…)

もうすぐ7ヶ月。
このまま元気に育ってほしいと願う日々です。
できればもう少し一緒に遊びたいなぁ。

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日の夕飯のこと。

野菜炒めをたっぷりとって口に入れ、もぐもぐ…

もぐもぐ…

もぐもぐ…

びきッどんっ

?

僕のあごに激痛が。
その後なんでもなかったのでほっておいたのですが、あくびをしようとしたとき
びきッどんっ

口を大きく開けると痛みが…

あぁ、口を開けるのが少し憂鬱。

今日は10年来の友人のお父さんが亡くなったとのことで、お通夜に行ってきました。
人が亡くなるのはごく自然なことですが、悲しく、何かを考えさせられます。

10年来の友人ということで、彼の性格、人間性はよく分かっているつもりです。
いつもの彼ならたくさんの涙を流して悲しんでいたでしょう。
でも、今日はそれをこらえているような気がしました。
とても悲しかったと思います。
でも、母親や、家族のために自分が一番しっかりしなくてはという気持ちが強かったのではないかと思います。
僕も早くに父を亡くしたので、彼の気持ちが痛いほど分かりました。
人の死という場面に直面したとき僕はたまらなくなります。
父の死を思い出し、なぜあの時こうしてあげなかったんだろう?
なぜ、こういう言葉をかけてあげられなかったんだろうと、とても深い後悔をします。
でも、それと同時にまだある家族へ、友人へ、何でもいい、自分がしてあげられることをしてあげようと思います。
そういうことを考えられるようになったのは亡くなった父のおかげかもしれません。


<<new | 2 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.